ねずみ退治の基本とは

ねずみ退治の基本は、ねずみにとって住み心地が悪い環境にすることです。

家の中に住み着いてしまったのは住み心地が良いからです。

ここから改善しなければせっかく追い出すことに成功しても、また舞い戻ってきます。


では、住み心地が悪い環境とはどのような環境なのでしょう。



第一に餌が落ちていないとうことです。
食べ物の屑が落ちていたり、タッパなどに入れないでそのままの状態で保管していると、それはかっこうの餌となってしまいます。
いつもきれいに掃除し、直接かじられてしまうような状態で食べ物を保管しないこと、この2点を意識することが大切です。


第二に巣材となるものが落ちていないことです。


ねずみも巣を作ります。巣材となるのは紙屑や布切れなどで、それらを上手に使って素を作ります。したがって、これらのものが落ちていないようにすることで巣を作りにくくします。


第三に侵入経路を防ぐことです。必ずどこかに家への侵入口があります。



壁の穴だったり、床下の穴だったり、もし目につく箇所に侵入口となりえる箇所があればそれをふさぎます。



第四にねずみが嫌がる超音波を発生する退治グッズを利用することです。

超音波発生装置は、かなり効果がある退治グッズで、ねずみがいそうな場所にしかけます。そして1日中その嫌な音を聞かせると、さすがに家を出て行ってしまうことでしょう。


ただ、家が広い場合は別の場所に移動するだけなので、家のサイズや作りに合わせて必要な分の数を用意する必要があります。


top